例えば、こんなことでお悩みではありませんか?

  • B2B向けの製品カタログが合計30ページ以上ある。
  • カタログの更新が煩雑で時間がかかる。
  • せっかく時間をかけてカタログをつくっても誰に配られているのかわからない
  • 新規の顧客開拓は専門展示会頼みである。
  • 年に2回程度は専門展示会に出展している。
  • 専門展示会で名刺をあつめても、売上になかなかつながらない
  • ホームページでの集客もうまくいっているとは思えない。
  • 新規の営業リストをつくるのに、かなり苦労している。
  • 営業リストを外部業者から購入して電話してもアポもなかなか取れない

もしも、これらの質問に2つ以上がYESならば、現状を改善できる余地が十分にあります。

このセミナーでは、
貴社がお持ちの製品カタログを
ホームページ上で最大限に活用し
安定的に、かつ高い成約率で案件獲得できる
営業リストをつくる方法をお伝えします。

WACA上級WEB解析士Google Analytics個人認定資格
大規模な法人サイトリニューアル実績
創業補助金・持続化補助金獲得
社内サポートデスク立ち上げ経験多数
「介護のカタログ」アプリ運営中
ドローン法規制についてテキスト執筆・電子書籍化

引き合いが集まるホームページと集まらない
ホームページとの違いは?

はじめまして、カタログ電子化コンサルタントの上尾です。

介護福祉、電子計測機器、製造部品など、カタログを使って営業をしている会社様のデジタルマーケティングを得意としています。

カタログを使って営業をする会社にとって、最大の悩みは、「いかにしてよい引き合い案件を獲得するか」ということではないでしょうか。

昔は安定していた取引先も、最近は価格競争が激しくなり、以前と比べて利益確保が難しくなってきています。
もはや「昔からのお付き合い」というだけでは、案件を獲得することは難しくなってきています。

必ず相見積で比較されるようになってきており、新たな案件の掘り起こしは営業の課題となっています。

一方でウェブを使って上手に良質の引き合いを
獲得している会社もあります

現在では、多くの企業でホームページが集客に活用されています。ホームページで良質の引き合いを集め、営業に活用できている。しかし、このように、集客に成功する企業と、うまくゆかない企業の間には、 どのような違いがあるのでしょうか。

それは、集客の仕組みを理解し、経験を積んだか否かです。
正しいやり方さえ知っていれば、失敗も含めて経験を積めば積むほど成果はあがります。

集客に成功する企業の共通点として、ホームページを単体で利用するのではなく、リアルを含めて仕組み化していることが挙げられます。

その中で、大事な役割を果たすのは、製品カタログです。
そして、こうした「集客の仕組み化」を営業プロセスに組み込み、顧客との関係性を構築するという発想を用いているのです。

重要なことは、顧客との関係性+再現できる仕組みをつくること、
そして、このプロセスの中で、
重要な役割を果たすのは、貴社の製品カタログです

今まで何度もこのようなやりとりを見聞きしてきました。

今年の製品カタログ印刷費は2000部で350万まで交渉して下げさせたよ。
結構な出費ですね。ホームページをうまく使って電子化して配布すれば送料も安くなりますよ。
わかってはいるけど、やはりお客様が紙のカタログを欲しがるんだから仕方ないよ。あと10年経ったら変わると思うけど・・
確かに、そうですね。
ところで、ホームページ上で誰がカタログを見ているか、わかるとしたら、知りたいと思いませんか?
え?そんなことができるのですか?
はい、ここ数年で、状況は大きく変わっています。ホームページ上のユーザの行動を把握する技術が進みました。
ホームページで必要なことは、顧客の行動や態度を把握しながら関係性を創る「仕組み」を構築することです。そのやり方を創るには・・・

このように、最新の情報を活かせず、戦略的にWebを活用できていない会社様は、実は多いのです。

例えば、ウェブと商品カタログについて
こんなことを考えておられませんか?

  • リアルの製品カタログや営業活動は、バーチャルなホームページはまったく関係がない。
  • ホームページに誰が来訪しているか、という情報を取得することはできない。
  • 製品カタログは、手間ばかりかかるコストである
  • いまどきメルマガなんて読む人はいないから、やめよう。

このようなお考えはすぐにあらためてください

そして、もう一度考えてもみてください。
製品カタログを創るのに御社はどのくらいの時間と費用
をかけてこられましたか?

せっかく作った製品カタログをコストとして終わらせてしまうのは
あまりにももったいないと思われませんか?

ホームページを活用して、製品カタログをインターネットを通じて配布ことで、わずか1週間で有望案件を発掘できた方法があります。同時に営業活動を効率化し、製品カタログの郵送費を減らし、無駄な残業時間を減らすこともできるのです。

実は、このような方法は、ホームページ制作会社や、広告会社、ASPサービス事業者からほとんど提案はありません。

なぜなら、かれらは自社のサービスを売るのが目的で、お客様の営業プロセルまで踏み込んで提案するメリットがないからです。かれらは、手間のかかるところは提案せず、自社の儲かる提案をしてきます。

その結果、顧客の方は、これらの高機能なサービスをバラバラに購入してしまい、せっかく購入したサービスをどのように自社にあった形で使いこなしてよいかわからなくなってしまうのです。

私がこのセミナーの中でお伝えしたいのは、単なるホームページ作成や集客のためのSEO対策、ブログ活用のノウハウではありません。

ウェブ集客を、リアルな営業活動プロセスに組み込んで、顧客との関係性を築いてゆき、見込み案件を育てるという発送をお伝えしたいのです。これは製品カタログを持っている会社こそができる有効なマーケティング方法です。

この方法はどの業種業界にでも
役立つというわけではありません

念のために申し上げますが、このセミナーは以下のような会社様には向きません。
ご注意ください。

  • 最新のデジタルマーケティングのトレンドやノウハウを得たいとお考えの方
  • 既に月に40件以上の引き合いをホームページ経由で獲得できている会社様
  • ホームページを今後も活用する意志がない会社様
  • 製品カタログをお持ちではない会社様
  • 単価が低く、選定から購入までの期間が短い製品・サービスを提供されているB2Cの会社様
  • 広告費用が十分確保できているB2Cの製品を扱っている企業様

逆に、以下に該当する企業様には最適なセミナーです。

  • 現在のホームページに不満はあるが、今後どのように変えていったらよいのかわからない会社様
  • デジタルマーケティングの知識はないが、ホームページを活用して引き合いを増やしたいとお考えの会社様
  • なるべく小予算でデジタルマーケティングをはじめたい会社様
  • 単価が高く、選定から購入までの期間が長い製品・サービスを提供されているB2Bの会社様
  • 専門性が高い製品・サービスを扱っておられるB2B企業様

今回のセミナーでは、主に以下のような内容をお伝えしたいと思っています。

  • デジタルマーケティング時代だからこそ考える:記憶に残るメッセージとは?
  • ホームページでここまでわかる顧客の行動履歴
  • Googleアナリティクス、その他様々なツールのウェブ解析
  • ウェブとリアルのデータを組み合わせて考える
  • 「Who」という軸で見えてくる新たな顧客像
  • マーケティングオートメーションとはなにか?
  • 良質な引き合いを集める仕組みの全体像
  • マーケティングオートメーションの落とし穴
  • 展示会での名刺交換を無駄にしない最も大切なこととは?

ご参加いただける方へ

貴重な時間を割いて来ていただく方のために現在のホームページを、今後どのように変えていったらよいのかわからない会社様のために、まず最低限おこなっていただきたい設定です。

最低限これだけはやってほしい

Googleアナリティクス認定チェックシート

参加者限定
テキストを考えていますので、後ほどここに書かせていただきます。これで40文字です。

参加者の声

全体像が理解できました

中小企業診断士 山田佳代子

このセミナーでは今まで不思議におもっていた全体像を理解することができました。デジタルマーケティングと言っても飛びつくのではなく、最初から戦略を持ってやったほうがよいということがわかりました。

全体像が理解できました

会計士 伊藤秀和

このセミナーでは今まで不思議におもっていた全体像を理解することができました。デジタルマーケティングと言っても飛びつくのではなく、最初から戦略を持ってやったほうがよいということがわかりました。

参加費用

参加費用は1,000円を申し受けます。ただし、先着3名様に限り0円
内容にご満足いただけなかった場合には、ご返金させていただきます。

日時・会場

日時:2018年10月23日(火)15:00~17:00
人数:6名限定(先着)

当日ワークなどを行うことから、6名で締め切らせていただきます。席が限られていますので、当日キャンセルなどはご遠慮ください。
会場:五反田 IOTLABO 五反田駅徒歩3分


ここまでお読みいただきありがとうございました

最後に、私の想いを少しだけお話させてください。

ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。ここは最後に締めくくりのテキストを入れます。まだ作成中ですが、400~500文字ぐらいの予定です。以上でLPは終わりです。